アヴァンス 福岡

福岡でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

福岡でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、福岡には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
福岡にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は福岡を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

債務整理の際に、思わぬ切り札になるのが過払い金です。

 

この過払い金とは、つまり返済時に払い過ぎた利息のことを指します。

 

最近まで貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、融資を受けた人は法定外の利息の付いたお金を返済していたことになります。

 

この払い過ぎた分が過払い金です。

 

発生していた過払い金を返還してもらえば、借金の返済資金に使うことができます。

 

ブラック状態は避けられない債務整理ですが、任意整理であれば銀行のローンや住宅ローンも組めることがあります。

 

任意整理では、自分のできる範囲で返済を続けていきますし、裁判所も通さないので国が発行する官報にも掲載されません。

 

借りていた業者が違法な金利で貸付を行っていたら、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

 

このような人は特にブラックとして問題になる不安はなくなります。

 

家族には借金のことを知られたくありませんでしたから、任意整理を行って借金を処分する予定でしたが、その時にはもう借金が増えすぎていて個人再生になってしまいました。

 

所有していた車は趣味の範囲ということで処分を求められましたが、家が処分の対象とならなかったのは幸運でした。

 

最終的に、債務は相当減らすことができましたし、家族に事実を伝えることができましたから、債務整理をして良かったです。

 

仕事に悪影響が及ぶのではないかと心配で、つい債務整理を後回しにしてしまうという方も少なくありません。

 

けれども、債務整理をした結果、そのことが会社に発覚することは少ないです。

 

任意整理を行ったのであれば、絶対にバレないでしょう。

 

その他の債務整理を行ったとしても、債務整理を依頼した専門家ときちんと話し合い、問題なく手続きが進めば、会社にまで通告が送られてくるような可能性は低くなります。

 

むしろ債務整理をせずにいる方が、思わぬキッカケで会社に伝わってしまう可能性が高いといえます。

 

弁護士や司法書士など、その道のプロが債務整理をしても、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。

 

けれども、この期間中は延滞損害金や金利が付くことはないです。

 

もし任意整理や個人再生で減額を認められたとしても、まだ返済可能だと判断された債務が残っています。

 

返済は残った債務を分割して支払うことになり、金利は発生しません。

 

でも、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、この期間の延滞損害金と共に一括請求されたという事例もあるので、返済はきちんと行うようにしましょう。

 

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、残念ながらデメリットもあります。

 

その一つが、ブラック状態になることです。

 

つまり、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。

 

この期間についてですが、どのような債務整理の方法を選択するかによってブラック解除までの時間が最短でも5年間から10年間と違いがあります。

 

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、完了するまでにはどれくらいの時間がかかると思いますか?一口に債務整理といっても、その方法は様々で、どの方法を選択したかで所要時間が変わってきます。

 

けれど、どれだけ簡易な債務整理の方法を選んだとしても、3か月はかかるものだと思います。

 

債権者が複数に及んでいるというケースでは、1年近くかかるケースや、場合によってはそれ以上の時間が必要になることもあります。

 

すぐにお金を融資してくれるカードローンはとても便利なものですが、使い方を誤ると借金が膨らんでしまうことがあります。

 

返済不可能なまでに借金がかさんだ場合には、債務整理を検討してください。

 

任意整理以外の債務整理を行った場合、法的な手続きを経たうえで債務の減額が許可されるため、複数の債権者からの取り立て行為も止まり、苦しい生活から抜けだせるでしょう。

 

増えすぎた借金は、債務整理をすれば、返済の負担から解放されることができます。

 

でも、債務整理を行ったことは信用情報機関に載ってしまいます。

 

こうなってしまうと、いわゆる「ブラックリスト」に載っている状態ですから、金融機関の審査が通らなくなってしまうでしょう。

 

この状態は、少なくとも5年間は続くとされていますから、覚えておきましょう。

 

仮に、債務整理の中でも任意整理や個人再生を選んだのであれば、借金をしている業者や金融機関の同意を得なければなりません。

 

任意整理であれば、各債権者ごとの債務が対象なので、それぞれに同意を得ながら任意整理を進めていきます。

 

けれども、これは、あくまで任意なので、交渉を拒否する債権者が出る場合もあります。

 

個人再生では、任意整理と違って一度に複数の債務を整理できますが、過半数の債権者が反対にまわった場合、個人再生は不許可となります。