アヴァンス 福島

福島でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

福島でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、福島には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
福島にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は福島を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

月々の返済がつらくなって債務整理という手段を選んだものの、支払い総額が却って増えたという恐ろしい話も耳にします。

 

すべてがそうだとは言いませんが、詐欺的な商売をしている弁護士などにひっかかったケースです。

 

任意整理で寄せられた相談の中にもそういった例はあります。

 

和解で30万円の減額に成功した際、依頼料や報酬として数十万円を求めてくる場合です。

 

こうした羽目にならないよう、あらかじめ料金面はしっかり確認しておくにこしたことはありません。

 

よく質問されるのですが、弁護士以外にも、法務大臣の認定を受けた司法書士であれば、債務整理を行うことは可能です。

 

ただし、個別の債権額が140万円以下と定められています。

 

減額交渉をしようという段階で債務の額が遅延賠償を含め140万超となってしまった場合、仮に139万円のときに依頼を受けていても、司法書士は手続きを継続することができません。

 

時間や費用のムダを出さないためにも、債務整理で司法書士を頼る際は債務計算は欠かせませんし、金額によっては時間も気にしなければいけません。

 

任意整理はもちろん、裁判所を通す自己破産や個人再生の場合も、弁護士等に手続きを委任すると、早々に受任通知(介入通知)の送付が行われ、処理が始まります。

 

そこでもし依頼者の都合で中止したいと希望しても、既に進んでしまっている債務整理を止めるというのは、時期にもよりますが対応できないことの方が多いです。

 

中でも自己破産の手続きというのは裁判所を介して行うので、中止はまず無理だと考えてください。

 

あとあとまで履歴が残るのが債務整理ですから、充分考えた末に開始するべきです。

 

また、始める前なら弁護士等に相談することもできます。

 

借入先から督促や取立てがある際に任意整理や個人再生といった手続きを開始すると弁護士等から借入先あてに「債務整理の依頼を請け負いました」という内容の書状が送られると、その債権者からの連絡行為、督促行為一切は完全にストップします。

 

もし督促や連絡などがあれば違法行為ですので、担当する弁護士に即、相談し、対応してもらいます。

 

連絡は法律で禁止されています。

 

債務整理を始めたら相手をする必要はないのですし、手続きが終わるまでは相手をするべきではないのです。

 

取扱実績は最近では減っているものの、特定調停と呼ばれる債務整理があります。

 

交渉の間に入るのは裁判所なので、任意整理とは少し違います。

 

手続き時点で返済が必要な借金があり、その上で過払い金が生じている時に効果が出るやりかたです。

 

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、過払い金の請求は特定調停ではできませんから、日を改めて過払い金請求をする必要があります。

 

債務が残っているうちは過払い金請求はできず、一切の返済が済んでから行うことになります。

 

返済期日が過ぎて生じた遅延損害金やローンの金利は、債務整理の手続きをする弁護士(司法書士)からこの債務整理を請け負いましたという手紙を債権者に送ると、相手方に届いた時からカウントされなくなります。

 

依頼者にとっては大きなメリットですよね。

 

しかし延滞から手続き開始に至るまでの期間に遅延利息がかなり増えている可能性も考慮しなければなりません。

 

任意整理でしたら和解に向けた交渉をする中で、そういった部分はカットしてもらうよう要請します。

 

任意整理の主目的は債務を減らすことです。

 

つまり、和解後も返さなければいけない借金が残ります。

 

弁護士費用をかけて債務整理したけれど、債務あまり縮小できなかったりする人も実際にいるようです。

 

したがって本当に任意整理が妥当なのかは充分な検討が必要です。

 

無償でこのような内容の相談に乗ってくれる司法書士や弁護士事務所もあるようですから、ウェブなどで探してみると良いでしょう。

 

返済の約束を反故にして裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、必要に応じて債務整理をすることはできます。

 

ただ、原則として可能なのは訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、債務整理を始めると先方が訴訟を取り下げる場合もあって、取り下げになれば給与等を差し押さえられる心配は要りません。

 

お互いに減額内容に納得して和解に至った場合は裁判で回収する理由がなくなるので訴訟は取り下げになり、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。

 

自己破産や個人再生はもちろん、時には任意整理ですら本人が処理できないこともないのですが、手法としては現実味がありません。

 

債務の減額を目的とする任意整理では、債務者本人が言う話というのは弁護士のような客観性に欠けますし、債務が大幅に減る個人再生の場合も必要書類を自分で書き起こすわけですが、未経験者にできるものではありません。

 

手続きの点では個人再生より自己破産のほうがもっと大変でしょう。

 

ですから債務整理というのはやはり実績のある弁護士や司法書士にお願いするのが妥当なのです。

 

どういった種類の債務整理であろうと、受任通知を送付したあとの債権者による取立てや連絡行為全般は、法律の規定によりいったん中止しなければなりません。

 

でも、安心はできません。

 

任意整理だとこうした期間内に先方が訴訟という手を打つことがあります。

 

そもそも任意整理というのは裁判所を介さない手続きですが、貸主が返還訴訟を起こすのは妥当なことですし、その権利は法律で守られているため、止めることはできません。

 

すべてとは言いませんが、消費者金融の中には任意整理の介入通知を送るとお決まりのように訴訟に出る会社があります。

 

こうしたところが借入先の場合は、気をつけた方が良いでしょう。