アヴァンス 広島

広島でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

広島でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、広島には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
広島にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は広島を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、もし債務整理をするなら、その方法や返戻金の金額次第では、解約を求められます。

 

まず自己破産を行うのであれば、保険を解約した返戻金を返済に充てる必要があります。

 

収入があり、返済する債務が残る個人再生の場合、自己破産のように解約を迫られることはないのですが、手続き時には解約返戻金は資産として扱われますから、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。

 

任意整理の場合は解約義務もないですし、保険の解約返戻金が返済額の増加に結びつくことはありません。

 

本来、債務は自分で返済すべきですが、いくら頑張っても返済のめどがつかない場合は債務整理を考えてみるべきです。

 

一般的に債務整理が必要かどうか判断する一応の目安は、収入総額によっても違いますが、返済金額が月収(手取り)の3分の1超に及ぶ場合が区切りのように考えられています。

 

債務整理、とりわけ任意整理の場合はこの時期に行われるのが多く、生活が逼迫していなくても危険な状態と言えるでしょう。

 

どういった債務整理であれ、結果が出せるまではどうしても時間がかかるものです。

 

これから任意整理をすると仮定しても、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを委任して受任通知を送付してから結果に至るまでには、最短で2か月、状況次第で数ヶ月以上かかることも珍しくありません。

 

こうした処理を行っている最中は、催促を始めとした連絡や取り立ては禁止されているのですが、強制執行などを求めて訴訟を起こされることはあるようです。

 

このごろは聞かれなくなりましたが、特定調停と言われる債務整理の手続きがあります。

 

返済すべき債務があり、なおかつ計算上過払い金が発生していると思われる時に効果を発揮する債務整理です。

 

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、実は特定調停の場では返金要求は不可能ですので、あとから請求を行います。

 

過払い金請求は、借入先に対する債務が残っていると出来ませんが、一切の返済が済んでから行うことになります。

 

以前、自己破産で免責の決定を受けた過去があっても、あるいは任意整理だとか個人再生の経験がある人でも、医療保険や生命保険を契約するに際しては特に支障ありません。

 

生命保険会社というのは加入の際に銀行や信販会社のように個人信用情報を確認することはないので、個人再生であれ任意整理であれ、債務整理実績を知られることもないですし、それを理由に加入を断られることはありません。

 

毎月の保険料の支払いが可能であれば、生命保険自体は、加入者ないし被保険者のどちらが債務整理を行っても、その影響は受けません。

 

予定していた日に返済が行われないと、翌日には貸主側から連絡がくることと思います。

 

その時は、今度はいつ支払うと伝えれば、あとでしつこく電話がかかってくることもありません。

 

しかし、万一約束を破ろうものならまた催促の連絡がきて、やがて訴訟に発展する可能性もあります。

 

失業や病気で支払い能力がないなど、いつまでも返済が不可能なときは、債務整理をすれば取立ては止みますし、手続き中は利息も発生しません。

 

弁護士なら債務整理は可能ですが、中には引き受けてもらえないといった例がないわけではありません。

 

例えばそこの事務所で債務整理の取扱いをしていない時や、もし自己破産で借金ができた経緯が免責不許可事由に当たるような場合が拒否の対象となりやすいです。

 

仮に経験が浅いという理由で断られた場合は、近頃よく見かける債務整理専門の弁護士事務所などにあたることをお勧めします。

 

最近ではインターネットで時間を気にせず見つけることが可能です。

 

任意整理では比較的よく聞く話ですが、手続き開始から債権者と和解に至るまで、司法書士や弁護士事務所などに一定額のお金を毎月積み立てることが少なくありません。

 

債務整理の依頼をすると貸金業者等に対しての債務返済がとりあえず中断されるため、返済に回すべきお金で積立をしておいて、和解手続きが終了したあとの司法書士や弁護士等への報酬の支払いにあてます。

 

余れば返済に回すので無駄もありません。

 

たしかに初めてなら無料で相談に乗ってもらえますが、現実に弁護士等に依頼して債務整理を行う際は、まずは着手金を用意しなければいけません。

 

法律で決められた金額というわけではありませんから、料金は司法書士や弁護士次第で額は異なります。

 

それと、裁判所の管轄である自己破産と個人再生では、あらかじめ成功報酬がいくらと決まっている場合が多く、弁護士を通して減額交渉する任意整理の場合は、減額内容によって成功報酬は変動します。

 

着手金を支払って債務整理の依頼をしたのは良いものの、肝心の弁護士がいまいち信頼できず、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、あらためて解任手続きをしなければなりません。

 

解任せずに他の司法書士、弁護士といった人たちに依頼すると、受任通知の二重送付にもなり、トラブルを招きかねません。

 

弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それからあらためて新しいところと委託契約を結んでください。