アヴァンス 鹿児島

鹿児島でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

鹿児島でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、鹿児島には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
鹿児島にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は鹿児島を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。

 

例えば、この事実が信用情報機関に残されます。

 

一般的に言うブラックとして扱われるため、しばらくは審査が必要な金融機関のサービスを受けることが不可能になります。

 

この期間ですが、債務整理のケースでは情報が消えるまで5年は必要になります。

 

債務整理をすると、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。

 

あくまで期限付きですが、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっています。

 

また、CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、任意整理や個人再生で借金を処分した人は、情報は登録されないようです。

 

いずれの情報機関でも、情報が残っている間はキャッシングやローンの審査が通らないなどの制限がかかります。

 

キャッシングはお金がない時の助けになりますが、使い過ぎてはいけません。

 

使い過ぎて債務額が増えると、借金地獄に陥る可能性があります。

 

こうした非常事態に助けになるのが債務整理です。

 

債務整理をすれば、債務を適正な範囲に収めることができるので、完済をめざし、日常生活を立て直すことができるでしょう。

 

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。

 

過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは業者に返済し過ぎた利息のことです。

 

平成20年に法が変わる前は、貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、債務者は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。

 

この過剰に払った分が過払い金です。

 

過払い金を返還請求すれば、債務の負担が減らせる可能性があります。

 

もし、弁護士に債務整理を依頼するのならば、最も重要なのが、委任状という書類になります。

 

委任状とは、その名の通り、弁護士と債務者が委任契約を結んだ証として使われます。

 

委任契約が結ばれると、相手に受任通知が送付されるため、業者からの催促の電話や郵便もストップします。

 

委任契約が結ばれると、弁護士は、法に則って、依頼者の代理人として、債権者との交渉や裁判の手続きをすべて行ってくれるでしょう。

 

弁護士に債務整理を依頼する場合、選び方にもポイントがあります。

 

まず、弁護士事務所の価格と実績を調べるのをおススメします。

 

ただし、料金システムをきちんと把握しておかないと、一見すると手付金は安くても、それ以外の費用が高くついてしまうところもあるのです。

 

実際に依頼した人の口コミなどを参考にして事務所を選ぶと良いでしょう。

 

その後、実際に無料相談などを受けてみて、弁護士のことを信頼できると思えば、正式に債務整理の手続きを進めてもらいましょう。

 

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、一定の期間が過ぎないと、クレジットカードの申し込みや利用が難しくなります。

 

なぜなら、債務整理をしたことはこの事実が信用情報機関に保存され、ブラックになりますから、数年間はクレジットカードで買い物をしたり、金融機関のローンを組んだり、大手消費者金融を利用することなどが不可能になるため、覚えておいてください。

 

債務整理をすると、借金の重荷は無くなりますが、金融機関のローンやクレジットカードの利用が不可能になるといった欠点もあります。

 

ここで心配になるのが債務整理後でも問題なくアパートやマンションが借りられるのかどうかでしょう。

 

実際に調べてみると、どうやら、賃貸契約できる物件とできない物件があります。

 

選べる物件の数が減るとはいえ、借りられる物件は残されていますから、住まいについての心配はそれほど必要ないでしょう。

 

もし今、債務整理を考えている方にとっては、債務総額の何%の免除が期待できるかは最大のポイントになります。

 

これを把握したい場合、依頼したい弁護士事務所や司法書士に問い合わせると良いでしょう。

 

でも、躊躇してしまう気持ちも分かります。

 

こうした場合、ネットには無料で債務整理のシミュレーションができるようなサイトがあるので、こうしたサービスを使ってみることをおススメします。

 

任意整理で借金を清算したケースでは、債権者と和解交渉で減額された金額を返済していきます。

 

返済中に何らかの事情で金銭的な余裕が出たのであれば、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をするという方法が使えます。

 

この方法を行う場合、任意整理を行った時、弁護士などが間に入っていたのであれば、自らが債権者に返済計画の変更の問い合わせるよりも、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方が良いと思います。