アヴァンス 金沢

金沢でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

金沢でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、金沢には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
金沢にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は金沢を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

多重債務者の中には、重度のうつ病が多重債務の要因になったということも多いようです。

 

働くことができずに借金を繰り返したり、遣り繰りできなくなった生活費のために借金するうちに支払いきれない程の膨大な借金になっていたとは、言い辛いものです。

 

ですが、そのせいで一人で思い悩んでしまうケースが多いのです。

 

こうした背景がある為に、元々あったうつ病がもっと悪化してしまうといったこともあります。

 

当然ですが、債務整理を専門家に依頼すれば費用がかかります。

 

なお、その金額は依頼する弁護士や司法書士によって変わります。

 

任意整理を例に挙げると、基本料金が設定されていて、1社あたりいくらという計算方法になるうえ、なおかつ、減額された金額の何パーセントかを、成功報酬というかたちで支払わなければなりません。

 

基本料金についてですが、債権者や債務総額に関係なく主に固定料金になっていますから、減額がほとんどされないような債権者を相手に任意整理の幅を広げてしまうと、弁護士などに支払う費用の方が高くなってしまう可能性があります。

 

情けない話ですが、複数の貸金業者を利用した結果、総額で300万円もの借金を負ったことがあります。

 

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

 

再就職もうまくいかず、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。

 

少し経ってから就職はできたのですが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、最終的に債務整理で借金問題を解決しました。

 

今現在は完済し、安定した生活を送っています。

 

債務整理は時間がかかるものですから、完了するまで数ヶ月はみておく必要があります。

 

でも、この数ヶ月の間に金利や延滞損害金が増えるといったことはありません。

 

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合、債務は減額されますが、支払を続けることになります。

 

この返済分については、利息がつくことはありませんが、もし、返済期日に間に合わなくなると、この期間の延滞損害金と共に一括請求されたという事例もあるので、気を付けてください。

 

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、これが認められるまでの時間はどれくらいになるのでしょう。

 

一口に債務整理といっても、その方法は様々で、どのやり方を行うかによって全てが終わるまでの日数が異なります。

 

でも、基本的にどのような債務整理の方法でも、短くても3か月はかかると覚悟しておきましょう。

 

もちろん、借り入れ先の数が増えるほど必要な時間も増えてしまいますから、状況によっては1年以上かかるようなこともあります。

 

任意整理は、貸金業者と和解交渉を行い、減額された金額を分割して払っていくことになります。

 

返済中に金銭的余裕が生まれたら、繰り上げ返済をして今後の返済の負担を減らしたり、一度にすべて払い終えることができます。

 

この時、任意整理の際に頼った弁護士事務所などがあれば、債権者への連絡は、担当の弁護士などに頼んだ方が話を通しやすいです。

 

多重債務などで債務整理をした場合、金融事故歴アリのブラックとしてJICCやCICといった信用情報機関に登録されます。

 

あくまで期限付きですが、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっています。

 

また、CICならば、自己破産の情報は5年、任意整理や個人再生で借金を処分した人は、登録自体がされないようになっています。

 

いずれの情報機関でも、情報が残っている間は借り入れできなくなるといったことが考えられます。

 

債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合も、ある程度の期間は、クレジットカードを使ったりローンを組んで高額な商品を購入することが困難になると思います。

 

それというのも、借金を債務整理によって整理したとなると、金融事故歴があると信用情報機関に残ってしまうためです。

 

債務整理後のおよそ5年間はこうしたサービスが受けられなくなるので、この間は住宅の購入や高い買い物は控えましょう。

 

債務整理をすると、借金地獄の状態からは抜け出すことができますが、ある程度の期間はローンやクレジットカードの契約ができなくなるといった欠点も当然あります。

 

多くの人が気にするのが債務整理後でも問題なくアパートやマンションが借りられるのかどうかでしょう。

 

結果的に、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

 

どこでも選べるというわけではないのですが、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。

 

多重債務などで債務整理をした場合、クレジットカードの更新が不可能になるかもしれません。

 

借金をしていた業者が信用情報機関に加盟しているのであれば、債務整理の結果、個人情報と共に事故歴が保存されてしまい、この情報がクレジット会社にも共有される可能性があります。

 

有効期限があっても、利用停止措置がとられることもありますから、引き落としでクレジットカードを利用しているのなら、前もって引き落とし先を切り替えておきましょう。