アヴァンス 高知

高知でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

高知でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、高知には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
高知にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は高知を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

月々の給与から天引きという形で貯金していくことを財形貯蓄と呼びます。

 

債務整理のために自己破産をした場合、財形貯蓄額と手元の現金の合計額が法により決められている上限を超えると、財形貯蓄を解約しオーバーした分を処分する必要があります。

 

さらに、上限額に達していない時でも、裁判所に残高証明を提出しなければなりません。

 

入手するには、取引先金融機関か勤務先のどちらかで申請して発行してもらってください。

 

月々の返済が苦しい時の行動というポイントは重なりますが、一般的には、任意売却は購入した不動産のローンの返済がどうしようもなくなった際にその不動産を売って売却金を返済に費やす事を言います。

 

かたや、債務整理は返済できなくなった借金の整理を適した方法により行い、完済に近づく事です。

 

悪い時には不動産ローンも借金も両方とも支払えないケースがあるでしょうから、その際は任意売却と債務整理をどちらも行う必要があります。

 

多くの場合、債務整理をしたところで国内外の旅行や転居に際して何か変わることはありません。

 

新たにパスポートを取得したい時も差し障りはありません。

 

ですが、その例から漏れるケースが1つだけあります。

 

まさに自己破産を申し立てているという間のみは、自分の居所を常に裁判所に承知しておいてもらうことが必要なので、転居や旅行に際しては裁判所の許可が必要です。

 

免責が裁判所に認可された後であればその他の債務整理と同じく、制限されることはありません。

 

債務整理をする方法の中で、返済が完了している借金について債権者に利息を払い過ぎていればその返還が請求できるという「過払い金返還請求」があります。

 

あらかじめこの返還請求をする場合は取引履歴と当時の借金の明細を確認できる書類があるといいでしょう。

 

取引の履歴に目を通して、本来の利息額を割り出せますから、過剰な利息の支払い分を返納してもらえることになります。

 

名字が結婚したり離婚したりした時に変われば、かつて行った債務整理の記録も仕切り直しになると思ってはいけません。

 

カードを申し込むとき旧姓記入欄がある事も珍しくありませんし、本人確認では氏名以外の情報もあります。

 

たとえ審査に通過できたところで、後日になって債務整理の記録がわかったら最後、カードが利用できなくなったりカードを返還するよう求められたりする恐れも予想されます。

 

もはや支払いが不可能となった借金を債務整理で整理することができるわけですが、ただ一つ整理できないものもあります。

 

それは各種税金です。

 

自己破産について規定している破産法にも租税請求権は支払いの義務が残る非免責事項の中に含まれています。

 

納税は国民の三大義務というだけあってたとえ自己破産しても免れることはできません。

 

けれども、現状を役所で訴えて分納できないか相談に乗ってもらう事は可能です。

 

事故情報の記録が信用機関に残っている期間は、約5年ほどというのが通説です。

 

金融業者たちが共有できるよう個人の金融情報を保存している機関が信用機関です。

 

個人情報の参照が必要なローンやクレジットカードの審査にあたっては、金融業者はここに照会を行っています。

 

ですから、債務整理をしたら、最低でも5年間は住宅ローンを組むのが相当な高いハードルとなります。

 

債務整理に臨む時は、気を付けておいてください。

 

自己破産は、それ以外の債務整理の方法とは違って完全に借金をなくせるという強力さを持った方法です。

 

けれども、どんな人でも申立をすればできるという訳ではなく、絶対に裁判所に免責許可を出してもらう必要があります。

 

申立をしてから免責の可否が通達されるまでの免責期間は、財産が当人に有るのか無いのかによります。

 

無い人には3ヶ月くらいで決定が下りるのですが、有る場合は債権者に財産を分配していく管財事件となるため、1年かかることもありえます。

 

借金に際して保証人を頼んでいる場合は、保証人は債務整理が行われると影響を受けます。

 

債務整理を行った方法によってその影響は変わり、もし任意整理や特定調停なら必要なのは書類を書いてもらうことくらいで保証人が借金の取り立てを受ける事はありません。

 

ですが、個人再生や自己破産では、保証人に対して債権者から直接請求が出来るようになるため、借入金の全ての支払いを保証人が代わりに行う必要が生じます。

 

債務整理の中でも、自己破産、民事再生、任意整理は何がメリットか一つ一つ異なります。

 

自己破産については借金全てから自由になりゼロからスタートを切れます。

 

次に民事再生は住宅ローンを除いた借金の元金圧縮が可能で、家など資産については引き続き保有できます。

 

任意整理では月々の返済額が債権者との話し合いで決定され、その上、借金の利率や借りていた期間次第では過払い金を返還してもらえる場合もあります。