アヴァンス 水戸

水戸でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

水戸でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、水戸には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
水戸にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は水戸を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

自己破産の手続きを開始すると、裁判所に申し立てを行った日から免責が確定する間は資格を停止されたり、一部の職種に就くことが制限されます。

 

不動産業者(宅建取引主任者)、生命保険や損保、証券会社等の外交員がそれです。

 

こういった資格保持者、就労者は、免責と自己破産の申し立てをしてから免責決定までの期間中は就労できないのです。

 

時間的には数ヶ月といったところでしょう。

 

自己破産以外の債務整理でしたら、職業や資格の規制はありません。

 

奨学金の借り入れを申し込む際は親が連帯保証人で親族が保証人になるケースが多いですが、過去に何らかの債務整理を行った人が保証人になろうとすると、奨学生本人に落ち度がなくても、審査に通らない可能性があります。

 

もしそういった心配があるのでしたら、保証機関に連帯保証をしてもらうと、保証人はもちろん連帯保証人も不要で貸与型奨学金を申し込むことが可能です。

 

毎月の奨学金から保証料が差し引かれるので振込額は若干減ります。

 

取扱実績は最近では減っているものの、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

 

手続き時点で返済が必要な借金があり、その上で払い込み済みのお金で過払い部分があるときに有効な債務整理のひとつです。

 

それと、過払い金部分についてですが、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、日を改めて過払い金請求をする必要があります。

 

この請求はまだ相手に借金しているうちは出来ません。

 

債務を完済している時点で請求可能となります。

 

自己破産や個人再生の手続きを行う際には全部の債権者を相手に含めますが、減額交渉がメインの任意整理の場合は債権者ごとに別々に交渉することになります。

 

債権者全員を対象とするよりは、大抵は減額幅の大きな債権者を選んで任意整理の申立をします。

 

しかし減額交渉は任意ですから、もし債権者がいやだと言えばその債務については減額は見込めません。

 

親や配偶者などの遺産を相続する場合、ろくに確かめもせず単純承認したりすると、マイナスのほうが多いと思いもよらぬ借金を抱え込んでしまいます。

 

でも、こうした場合は債務整理で負担を軽減することができます。

 

本人が無収入の時は別として、普通は任意整理を行うのですが、弁護士や認定司法書士の手を借りて債権者と減額交渉を行うことになります。

 

知っていれば回避できる問題ですから、遺産相続の時は安易に手続きしてはいけません。

 

債務が免責になる自己破産や、大幅減額になる個人再生の場合はすべての債権者が債務整理の対象になるのですが、任意整理の場合は事情が異なり、債権ひとつずつに分けて手続きをすることになります。

 

必ずしも全債権者に対して手続きする必要はなく、大概、減額の量が大きそうな金融機関を相手を選んで交渉をします。

 

借入高が少ないところまで債務整理の対象とすると、委任した弁護士事務所等へ払うべき費用が膨れ上がってしまうので、おすすめできません。

 

返済がどうにもならなくて自己破産を行わなければならなくなったら、貯金、預金、積立などは残高に係らずすべて申請しなければいけません。

 

合計額が20万円を超えた分は原則として債務の返済に充当するのですが、預貯金はそのままでいられる任意整理などと比べると厳しい措置です。

 

しかし、そうだからといって資産を隠そうだなんて考えないでください。

 

過去の預金解約分まで記載を求められた例もありますし、あとで判明すれば自己破産は成立しても免責にならないこともあるのですから、真面目に申告しましょう。

 

目的によって債務整理の種類は分かれていますが、任意整理だけは裁判所の介入なしで可能です。

 

でも、個人再生と自己破産のふたつについては、本人がいくら希望しても裁判所を通さずにはいられません。

 

とはいえ、必ずしも当事者が再三再四、裁判所に赴かなければいけないわけではありません。

 

弁護士が債務整理に当たる場合は、弁護士が依頼者の代理人となり、自己破産にしろ個人再生にしろ大半の出席、応答、手続き等を代行できるので、債務者本人の負担はかなり軽くなります。

 

裁判所を介さない任意整理ならともかく、個人再生、自己破産等の方法で債務整理をするのであれば、弁護士は代理人になれますが、司法書士はなれません。

 

このため、司法書士は相談に乗ったり各種申請書類を作る仕事が主体となります。

 

債務者本人が裁判所に申し立てに行かなければなりませんし、裁判官や職員とのやりとりもすべて自分がするはめになります。

 

自己破産のように債務が免除される場合は申立に弁護士を使わないと、スムースな手続きができません。

 

任意整理の和解にしろ、個人再生や自己破産を行うにしろ、どうしても時間がかかるものです。

 

たとえば任意整理でしたら、最初に弁護士等に依頼して手続き全般を終えるには、最低でも2か月ほどは必要で、状況次第で数ヶ月以上かかることも珍しくありません。

 

本来、こうした手続きをしている間は、取立てや連絡行為全般が禁止されていますが、貸金業者などの中には貸金返金を求めて訴訟を起こしてくるところもあります。