アヴァンス 宮崎

宮崎でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

宮崎でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、宮崎には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
宮崎にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は宮崎を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

積立タイプの生命保険に入っているときは、もし債務整理をするなら、その方法や返戻金の金額次第では、解約を求められます。

 

具体的にいうと自己破産の場合は、保険は解約となり、返戻金を返済の一部に充当します。

 

一方、個人再生の際は、原則として解約する必要はないものの、裁判所への資産報告のひとつとして解約返戻金証明書を提出しなければいけませんから、その額次第で返済額が増えるという事態も想定されます。

 

任意整理の場合は解約義務もないですし、解約返戻金の金額のせいで返済額が増えることもないです。

 

債務の返済が困難だから債務整理に踏み切ったのに、支払い総額が却って増えたという人もいるようです。

 

どう考えても悪徳業者としか思えない司法書士ないし弁護士にひっかかったケースです。

 

任意整理で寄せられた相談の中にもそういった例はあります。

 

和解で30万円の減額に成功した際、手続き費用一式が50万、60万もしたら変ですよね。

 

泣き寝入りしないためにも、最初から費用一切についてはきちんと明らかにしてもらうのが大事です。

 

自己破産ではなくその他の債務整理を選択するためには原則として安定収入があることが前提となりますが、現状で生活保護を受けている場合は、収入とは見なされないので注意が必要です。

 

本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、借金の返済のために使うなどということが知れた場合、保護費支給の取りやめという例も過去にありました。

 

結局のところ、生活保護で生活している期間内に債務整理を行うなら、選択肢は自己破産のみと言えます。

 

保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

 

個人再生や自己破産のように裁判所への申し立てを要する債務整理を行う場合は、代理人として司法書士を立てることはできません。

 

このため、司法書士は相談に乗ったり各種申請書類を作る仕事が主体となります。

 

たとえば裁判所に申立てに行くのも本人ということになりますし、行けば質問にも答えなくてはなりません。

 

自己破産のように債務が免除される場合は司法書士に依頼してしまうと、スムースな手続きができません。

 

司法書士や弁護士といった人に債務整理を相談しても引き受けてもらえないといった例がないわけではありません。

 

これまで債務整理を手がけたことがない司法書士や弁護士なら断る可能性はありますし、借金を作って自己破産という理由が法律上、免責不許可になると想定されるものなら、拒否もやむを得ません。

 

拒否理由が専門外ということでしたら、債務整理で実績を上げている法律事務所などをあたってみると良いでしょう。

 

パソコンやスマホを使えば時間のない人でも簡単に検索できます。

 

債務整理の種類によらず、司法書士や弁護士に頼むとすぐに作業に着手するものです。

 

そこでもし依頼者の都合で中止したいと希望しても、受任通知を送ったあとでは中止するのは容易なことではありません。

 

中でも自己破産の手続きというのは裁判所を介して行うので、キャンセルはききません。

 

あとあとまで履歴が残るのが債務整理ですから、充分考えた末に手続きを開始しましょう。

 

借入先から督促や取立てがある際に自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を行った場合、司法書士や弁護士によって債権者あてに受任通知が送付され、受け取った時点でそのような行為はなくなります。

 

それ以降に連絡や催促などがあれば、手続きを頼んでいる弁護士などにすぐに連絡して対処してもらいましょう。

 

連絡は法律で禁止されています。

 

債務整理を始めたら相手をする必要はないのですし、何かしようと思ってはいけません。

 

個人信用情報(いわゆるブラックリスト)には過去の債務整理の情報が何年間は保持されます。

 

普通、この記録は就職などでは開示されないのですが、その常識が適用されない業種も存在します。

 

具体的に言うと、銀行や信販系など個人信用情報と切っても切り離せない業界に転職や就職したいときです。

 

どんなに努力して返済したとしても債務整理の記録があれば、ときにはその経歴に不審を持たれ、最初から不採用の返事をしてくる可能性もあります。

 

お金を扱う金融機関なら慎重になるのも当然ですし、結局、運を天に任せるほかないでしょう。

 

住宅ローンや車のローンが残っているうちに債務者が自己破産を行うと、返済途中のローンは解約となり、売った代金を返済に充てるために、家や車は売ることになるか、でなければ競売にかけられるものです。

 

しかし、それ以外の債務整理の場合、そのような債務の契約は継続されるので、今まで通り支払う必要があります。

 

つまり月々の支払いさえ遅滞なく行っていれば問題ないわけで、返済金捻出のために家や車等を売る必要はないわけで、自己破産と混同しないよう注意してください。

 

成功報酬に充当するために債務整理の手続き中に司法書士や弁護士に勧められて始めた積立金は、報酬や経費を払って余った分は本人に返金されます。

 

毎月一定額を積み立てていくのは辛いかもしれませんが、成功報酬の分割払いを前倒しするだけですし、債務整理開始により一旦浮いた状態になった返済分を積立に回すのですから、浪費癖もつかなくて済むでしょう。

 

できるだけ積み立てておくほうが、あとでラクです。