アヴァンス 盛岡

盛岡でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

盛岡でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、盛岡には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
盛岡にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は盛岡を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

ローンを返済中の自動車や住宅などの資産は、もし自己破産をするとその時点で返済しているローン契約は解除となり、売った代金を返済に充てるために、家や車は売却しなければなりません。

 

ただ、債務整理といっても自己破産以外は住宅ローンなどの契約は保全され、支払いはこれまで通りしていかなければいけません。

 

ローンの返済さえできていれば返済のために売却する必要はないわけで、自己破産と混同しないよう注意してください。

 

債務の返済に行き詰まり、いよいよ個人再生や任意整理といった事態になると、借家、賃貸マンションといった住宅に住み続けるなら、家賃は考慮しておきましょう。

 

自己破産以外は借金は残っていますから、あわせて毎月出ていく出費としては大きい方ですから、計算し忘れたで済むものではありません。

 

それは必要な経費ですから、債務整理の相談に訪れた段階で弁護士ないし事務所の相談員などに話しておかなければいけません。

 

どの債務整理にでも言えることですが、受任通知を送付したあとの債権者による取立てや連絡行為全般は、法律の規定により禁止されているため、何も起こらないと思いがちです。

 

とはいえ、任意整理の場合はこうした期間中に相手側から訴訟を起こされる場合もあります。

 

もともと任意整理は裁判所を通さない交渉なのですが、金融機関は返済を要求する権利があるので、債務整理の手続き中であろうと、提訴を止める理由にはなりません。

 

一部の消費者金融では、任意整理となるとすぐ裁判所に訴え出る会社もあります。

 

意図は様々ですが、債務を抱えている方としてはたまりません。

 

認定司法書士というのは法務大臣の認定を受けた者で、この認定がなければどのような手段であれ債務整理を手がけることは認められていません。

 

そして司法書士に債務整理を依頼する際、任意整理では債権者1人につき借金の合計額が最大140万円まで(利息込)と制限されています。

 

もうひとつの違いは代理人です。

 

自己破産や個人再生を行う場合、依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、認定司法書士でも代理人にはなることは認められておらず、裁判所には債務者本人が行く事になります。

 

債務整理には種類がありますが、いずれにせよ手続きを開始した時点で、返済の督促、貸主による連絡行為等は完全になくなります。

 

ただし、自己破産や個人再生のように裁判所を介して行うものは債権者全部が自動的に対象となるのですが、任意整理についてはその限りではなく、債権者を選んで減額交渉を行うのが普通です。

 

というわけで、対象から外した債権者による返済の催促や連絡といった行為は今までどおり行われます。

 

返済の約束を反故にして既に債権者から訴訟を起こされてしまった場合でも、やろうと思えば債務整理はできるものです。

 

その際とられるのは主に訴えを起こした相手を交渉対象とする任意整理であり、債務整理を始めると先方が訴訟を取り下げることもありますし、差し押さえの不安もなくなります。

 

そこから減額を交渉して双方の合意が得られれば、裁判で回収する理由がなくなるので訴訟は取り下げになり、あとは和解の内容に従った返済を行うだけです。

 

債務整理と名のつくものは自己破産であれ任意整理であれ自ら手続きすることも可能です。

 

しかし、おすすめはしません。

 

債務の減額を目的とする任意整理では、交渉に来たのが債務者本人では門前払いを食らうのが関の山で、大幅な減額を見込んだ個人再生を行う時も、裁判所が認めてくれるよう、申立書も再生計画なども自分で工夫して書かなければならないのです。

 

それに、もし自己破産するのであれば申請書類は膨大で、手続きにもかなりの時間がかかります。

 

債務整理というのは結局のところ、司法書士や弁護士を頼んで処理してもらう方が良いでしょう。

 

たとえば個人再生や任意整理といった債務整理を行う際は、安定収入があることといった条件がつきますが、生活保護費を受給している場合はここでいう「収入」には含まれません。

 

生活保護費は生活のためのものですから、借金の返済のために使うなどということが知れた場合、支給そのものがストップされるといった例も過去にありました。

 

そういうわけで、生活保護費の支給を受けている方は、債務整理するなら自己破産以外にはないと言えます。

 

保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

 

決済日に返済できないでいると、翌日には貸主側から連絡がくることと思います。

 

そこで遅れてでも支払う日を伝えれば、とりあえずはその日まで待ってくれるものの、遅れて支払う約束を反故にしてしまうと、債務の返済を求める連絡がまた来るでしょうし、やがて訴訟に発展する可能性もあります。

 

失業や病気で支払い能力がないなど、いつまでも支払いの見込みが立たない時は、任意整理、個人再生、自己破産といった債務手続きをするという手があります。

 

債務の減額を目的とした任意整理では、債務そのものは残りますから、返済しなければなりません。

 

やっと債務整理の手続きが終わっても、債務あまり縮小できなかったりする人も実際にいるようです。

 

したがって本当に任意整理が妥当なのかは今一度考える時間を持つべきです。

 

債務整理に関する相談を無償で受け付ける法務事務所や弁護士なども最近は多いですし、連絡をとることから始めてみてはいかがでしょう。