アヴァンス 長野

長野でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

長野でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、長野には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
長野にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は長野を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

借金地獄から抜け出すには、債務整理という方法があります。

 

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産という3種の手続きがあり、全部まとめて債務整理と言います。

 

これらにプラスして過払い金請求もカバーされる場合があります。

 

全て異なる手続きになっていますので、慎重に検討してから自分自身の場合にちょうどいい方法をチョイスして、借金の債務整理を成功に導いてください。

 

習慣のように借金をしてしまうタイプで、何度も債務整理をすることは可能なのかと疑問を抱いている人もいるかもしれません。

 

原則としては何度してもかまいません。

 

けれども、一回でも債務整理を経験していてもう一度債務整理をしようとすると、もしかすると債務整理の方法によっては承認がハードになるかもしれません。

 

債務整理をすれば大丈夫と軽い考えでいるのは禁物です。

 

借金を整理するための債務整理の中にも何種かの方法が考えられます。

 

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、元金が減額されなければどうしようもないのか、金額以前に返済を続ける事がもはやできないのか。

 

各自の置かれた状況によってちょうどいい方法を選ぶことになるでしょう。

 

自ら手続きを行う人もいますが、心もとなく思うようなら弁護士や司法書士がプロですから相談した方がいいでしょう。

 

原則、債務整理をしたとしても国内外の旅行や引っ越しが制限されるということはありません。

 

パスポートを取得する際も悪影響はありません。

 

と言っても、特例が1つだけあります。

 

自己破産を申し立てた状況下ばかりは、自分の居所を常に裁判所に承知しておいてもらうことが必要なので、裁判所の許可を得ないと転居や旅行は認められません。

 

免責が裁判所に認可された後であればその他の債務整理と同じく、制限されることはありません。

 

弁護士や司法書士に債務整理を引き受けてもらいたいと思っているけれども、費用を確保するのが大変な方は方法としては法テラスで相談に乗ってもらうのもいいでしょう。

 

法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関が法テラスです。

 

無料で借金問題の相談に乗ってくれたり、金銭的に余裕のない人のために民事法律扶助制度により、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を立て替え、少しずつ返済可能にしてくれます。

 

出資法を基に、以前は利息制限法の定めを上回る利率での貸付が珍しくありませんでした。

 

利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。

 

現代では利息制限法に定める上限以上の金利では非合法となります。

 

したがって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で過払いとなっていた利息を返してもらえる場合があります。

 

これがいわゆる過払い金請求です。

 

例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、たとえ債権者が取立ててきても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。

 

けれども、債務者が自己破産や個人再生を行って債務整理をし、一部か全部の返済を放棄した時は、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。

 

この場合は支払わなくてはなりませんが、債権者に談判をして分割で支払いをする事は可能です。

 

借金に伴い保証人になってくれた人がいる場合、保証人にまで債務整理の影響が広がります。

 

どんな影響が及ぶかというのは債務整理の方法次第で、任意整理や特定調停の場合には必要書類の記入をしてもらわなければなりませんが、保証人は請求を受けません。

 

しかしながら、個人再生や自己破産においては、請求が債権者から債務者ではなく保証人にされることも可能となるので、全ての借金返済を手続きの後は保証人に負担してもらうことになってしまいます。

 

他の債務整理の方法と同様、個人で手続きして過払い金の返還請求を行う事ができます。

 

この手続きでは、まず取引履歴の開示請求をしますが、ゼロ和解の提示がその際にあるかもしれません。

 

残りの債務をゼロにするからこの話に片を付けようという発案です。

 

取引履歴を確かめる前にそれを承諾すると一体どの程度の過払い金があるのか知るチャンスを逃します。

 

よく考えずにゼロ和解してしまうと大損になってしまうかもしれません。

 

たった一度の債務整理のせいで借金が金輪際できなくなるわけではありません。

 

事故情報がブラックリストから抹消済みならもう一度融資してもらえることもあります。

 

ですが、現在進行形で任意整理を行っているのにさらなる借金をする事は何としてもやめておきましょう。

 

そもそも借りられない可能性が極めて高いですし、担当弁護士または司法書士がそのことを知れば、担当を降りると言われかねません。