アヴァンス 長崎

長崎でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

長崎でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、長崎には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
長崎にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は長崎を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

普通、債務整理を行う場合には専門家に依頼しますが、かかる費用は依頼する弁護士事務所などによって違います。

 

任意整理を例に挙げると、債権者1件ごとに基本料金があるうえ、なおかつ、減額された金額の何パーセントかを、成功報酬というかたちで支払わなければなりません。

 

どれだけの債務額があろうと基本料金は固定のケースが多いため、整理される借金の金額があまり大きくない債権者に任意整理をした場合は、弁護士などに支払う費用の方が高くなってしまう可能性があります。

 

増えすぎた借金を任意整理で整理した場合、債権者と和解交渉で減額された金額を返済していきます。

 

この時に金銭的な余裕が生まれたら、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をすることもOKです。

 

この時、任意整理の際に頼った弁護士事務所などがあれば、債権者への連絡は、担当の弁護士などから行ってもらう方が良いでしょう。

 

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせたら、これからもキャッシングを利用したりすることができるのでしょうか。

 

やはり、債務整理が終わった後、しばらくはお金を借りることは難しくなるでしょう。

 

一度でも債務整理をすると、事故歴アリとして短くとも5年はブラックリストに情報が載ってしまうので、この期間中はローンやキャッシングはもちろん、分割払いやETCカードの購入も諦めるしかありません。

 

債務整理を行う際の注意点ですが、債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合も、その後、ある程度の期間、金融サービスの審査で落とされてしまうでしょう。

 

債務整理をすると信用情報機関に金融事故として情報が保存されるため、数年間はクレジットカードの利用や、金融機関のローンを組んだり、大手消費者金融を利用することがまず不可能になります。

 

皆さんご存知のように、債務整理を行うと、借金の重荷は無くなりますが、金融機関のローンやクレジットカードの利用が不可能になるといった問題もあります。

 

そして、誰もが気になるのが賃貸のアパートやマンションを借りることができるのかということでしょう。

 

結果的に、賃貸契約不可という物件の数は、それほど多くありません。

 

選択の幅は少し狭まってしまうとはいえ、借りられる物件は残されていますから、住まいについての心配はそれほど必要ないでしょう。

 

債務整理をすると、無事に解決するまで、どれくらいの時間を必要とするのでしょうか。

 

当然ですが、債務整理の中でもどの方法を選択したかで所要時間が変わってきます。

 

ですが、どのような方法を取った場合でも、3か月はかかるものだと思います。

 

多重債務者の場合は、1年、またはそれ以上かかることもあります。

 

もし債務整理をしたとしても、その影響が身内にまで及ぶことは殆どありません。

 

債務整理の結果、ブラックとして扱われるのは本人だけです。

 

ですから、家族は今までのように、ローンを組んだりクレジットカードを利用することもできるでしょう。

 

ただし、注意してほしい点もあります。

 

保証人が家族の場合は、その家族が本人の債務を負うことになるため、注意が必要です。

 

借金が膨らみ、自己破産や個人再生をしたのであれば、本人の名前や住所が官報に掲載されます。

 

この官報とは、国の広報誌で、実際に自己破産をした場合だと二度、個人再生を行った人は三度、官報に公告されます。

 

掲載される期間は1ヶ月程度と言われていますが、身近なものではありませんし、官報のせいで周囲の人間に債務整理したことがバレてしまうようなことは、まずありえません。

 

もし任意整理を行ったのなら裁判所を通していないので、官報は関係ありません。

 

もしクレジットカードを所有している人が債務整理をしたら、クレジットカードの更新日から利用ができなくなることがあります。

 

ご存知のように、債務整理をするとその貸金業者が加盟している信用情報機関に金融事故として記録され、クレジット会社もこの情報を元に更新不可と判断するためです。

 

まだ更新日になっていなくても、利用停止の措置がとられる可能性もあるので、引き落としに使っているのなら、他の方法を考えなければいけません。

 

当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。

 

ですが、周りの家族に悪影響が出る点については、心配いりません。

 

家族名義の財産が没収されたり、今後、金融機関などでお金を借りることができなくなることは、まずないでしょう。

 

けれども、債務の保証人が家族になっている場合は、この限りではありません。

 

債務整理をした本人の借金が、保証人である家族に降りかかりますから、注意してください。