アヴァンス 名古屋

名古屋でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

名古屋でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、名古屋には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
名古屋にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は名古屋を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

当然ですが、債務整理を専門家に依頼すれば費用がかかります。

 

なお、その金額はどの弁護士や司法書士にお願いするかで変わってきます。

 

任意整理の場合、借金をしている会社ごとに基本料金があり、なおかつ、減額された金額の何パーセントかを、成功報酬というかたちで支払わなければなりません。

 

どれだけの債務額があろうと基本料金は固定料金として請求されます。

 

ですから、大した減額が期待できない相手に対しても交渉すると、弁護士などに支払う報酬が、減額した借金より多いという状態になりかねません。

 

時々、勘違いしている方がいるのですが、独身時代に債務整理をした人は、籍を入れて苗字が変わっても金融機関のローンが利用できるようになる訳ではありません。

 

審査の時には名前だけを確認するのではなく、その他の情報を照らし合わせて信用情報を調べるのです。

 

要するに名寄せを使っているのです。

 

ですから、苗字だけ違っていてもブラック状態は続くと思っておいてください。

 

一部の債権者を選んで借金の整理をする任意整理とは違い、個人再生などを行う場合は全ての債権者を対象にしなければなりません。

 

法の手続きをとっていない任意整理では、話し合いで互いの妥協点を探るので、どこまでの交渉に応じるかは債権者によって異なってしまいます。

 

司法書士や弁護士などの債務整理のプロが間に入った方がスムーズに交渉が進みますが、依頼の際に、一部の借金を隠すようなことは厳禁です。

 

もし、伝えそびれてしまうと、信頼できないと思われ、債務整理が上手くいかなくなるかもしれません。

 

家族には借金のことを知られたくありませんでしたから、任意整理を行って債務額を減らそうとしたのですが、その時点でかなりの債務額になっていたため個人再生になってしまいました。

 

趣味の車は処分されましたが、家が処分の対象とならなかったのは嬉しかったですね。

 

思っていたより多くの借金を減額してもらえましたし、かえって家族に打ち明けるキッカケになったので、債務整理のおかげで生活や気持ちも安定しました。

 

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。

 

簡単に説明すると、過払い金は業者に返済し過ぎた利息のことです。

 

平成20年に法が変わる前は、グレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、借りた人は法定外の利息を払わされていたことになります。

 

これが過払い金と呼ばれるものです。

 

過払い金を返還請求すれば、債務を減らすことができるでしょう。

 

弁護士や司法書士など、その道のプロが債務整理をしても、数ヶ月は手続きが続くものだと思います。

 

とはいうものの、債務整理の期間は延滞損害金や金利が増えるようなことはないでしょう。

 

もし任意整理や個人再生で減額を認められたとしても、まだ返済可能だと判断された債務が残っています。

 

この債務についても、金利はかかりません。

 

けれども、こちらの債務も延滞するようになると、間違いなく延滞損害金が追加されます。

 

また、一括で請求されることもあるので、気を付けてください。

 

一般的に、債務整理は弁護士に頼むことになると思いますが、その時に重要になるのが委任状という書類です。

 

委任状とは、その名の通り、弁護士と債務者が委任契約を結んだ証として必須の書類です。

 

実際に委任契約を結んだ場合、弁護士が送った受任通知を業者が受け取ると、しつこい電話や郵便の取り立てから解放されます。

 

他にも、契約を交わした弁護士は、法に則って、依頼者の代理人として、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。

 

債務整理には複数のやり方がありますが、任意整理のケースなら各種ローンの審査に受かるケースがあります。

 

任意整理であれば、裁判せずに済みますから、官報に公告されることもありません。

 

仮に、過払い金が発生していたら、返還してもらった過払い金額によっては、借金を完済できる可能性もあり、該当者は信用情報機関にブラックとして登録されるようなことはないでしょう。

 

もし債務整理をした人に子供がいたのなら、子供に必要な教育ローンの審査に影響が及ぶのかどうかは、把握しておく必要があります。

 

教育ローンには金融機関が提供しているものと、国の教育ローンである日本公庫(日本政策金融公庫)が取り扱っているものに分けることができます。

 

どの金融機関もブラックリストの情報を共有しているため、債務整理でブラックになっている期間はどちらの教育ローンの利用も難しくなってしまいます。

 

多重債務などで債務整理をした場合、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。

 

記録が消えるまでは、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。

 

また、CICの場合は、自己破産ならば5年ほどですが、その他の債務整理の場合は情報は登録されないようです。

 

この期間はブラック状態なので、借り入れできなくなるなどの制限がかかります。