アヴァンス 大宮

大宮でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

大宮でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、大宮には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
大宮にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は大宮を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

債務整理について説明します。

 

これは借金を整理するための手法の総称のことで、具体的には、自己破産、特定調停、個人再生、任意整理を指します。

 

よく利用されるのが任意整理です。

 

手続きが簡易で裁判所を通さなくて済みますし、手続きが終わるまでの期間が短い点が特徴です。

 

弁護士や司法書士が送った受任通知を業者が受領すれば、取り立てを一時的に止めてもらえるでしょう。

 

一方、個人再生や自己破産、または特定調停で債務整理を行うとなると、裁判所に申し立てすることは避けられないでしょう。

 

債務整理をすると、返済の負担から解放されることができます。

 

でも、債務整理をした事実は、信用情報機関に登録されてしまうでしょう。

 

結果として、ブラック状態になるため、ローンやキャッシングの審査を通ることができなくなります。

 

債務整理後のおよそ5年間はこうしたサービスが受けられなくなるので、覚えておきましょう。

 

どれだけ公言しにくいことでも、弁護士にはすべて正直に話してください。

 

弁護士は依頼者を信頼して手続きを進めているため、嘘があると計算が狂います。

 

債務整理で自己破産の手続きを行うということは、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証するわけです。

 

まだ返済の見込みがあるのなら、債務整理を行うわけにはいかないのはもちろん、借金を減額した相手だって説明を求めるはずです。

 

後ろめたいことでも正直に申告しないと、大きなペナルティになりますから、間違っても嘘をつくようなことはしないでください。

 

支払い日までに、債務の返済金が工面できなくなってくると、弁護士に債務整理の依頼をする人も多いです。

 

借金を踏み倒そうとしている訳ではないのですが、結果的にお金が足りず延滞してしまうというのは、多くの人が経験しています。

 

弁護士事務所などに相談して、もう返済の可能性がないということになれば、債務整理を行う手続きに入ります。

 

この間は債権者が取り立てを行っていますし、債務者本人も、とても苦しいと思います。

 

なので、追い詰められる前に行動するようにしてください。

 

ご存知のように、債務整理後にはJICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。

 

これはブラックとして扱われるため、しばらくは各種ローンの審査に通過することが難しくなることを覚悟してください。

 

債務整理の場合、情報が消えるまで5年は必要になります。

 

債務整理をすると、金融事故歴アリのブラックとしてJICCやCICといった信用情報機関に登録されます。

 

あくまで期限付きですが、JICCでは、ほとんどの債務整理において約5年間は保存されます。

 

CICの場合は、自己破産ならば5年ほどですが、その他の債務整理の場合はとくに記録として保存されることはありません。

 

この期間中ですが、借り入れできなくなるといった問題があります。

 

一般的に、債務整理を行うとブラックになりますが、任意整理を選んだ人ならば金融機関の各種ローンを利用できる可能性が残ります。

 

債務整理の中でも、支払いを続けるという姿勢を掲示できる任意整理は、官報に公告されることもありません。

 

もし、グレーゾーン金利での過剰な返済をしていたら、過払い金で借りた分の元本を完済できるケースもあり、このケースではブラックリスト登録者として対応されることは無いでしょう。

 

債務整理を行う際の注意点ですが、債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合も、ある程度の時間が経たないと、クレジットカードなどのサービスを使いたくとも、審査をパスできなくります。

 

債務整理をすると信用情報機関に登録されるので、5年から10年はクレジットカードの利用や、大手金融機関のキャッシングサービスやローンを使うなどの行為ができなくなります。

 

一部の債権者を選んで借金の整理をする任意整理とは違い、任意整理以外の債務整理を選んだ場合は、全ての債権者に対する手続きをしなければなりません。

 

法の手続きをとっていない任意整理では、債権者との話し合いで和解を進めていきますから、強制的に和解交渉を進めることはできません。

 

ご自身で任意整理を進めるより、専門家に代理人になってもらう方がスムーズに交渉が進みますが、この場合は、すべての借入状況を担当者に伝えてください。

 

申告漏れがあると、信頼できないと思われ、債務整理が上手くいかなくなるかもしれません。

 

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、債務の総額が300万になってしまいました。

 

勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。

 

不況の時でしたから、再就職も失敗し、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。

 

その後、しばらくして就職先が見つかりましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、結果的に債務整理で借金を処分しました。

 

今は安定した生活を送れていますから、あの時債務整理の決断をして良かったと思っています。