アヴァンス 大阪

大阪でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

大阪でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、大阪には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
大阪にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は大阪を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

もし任意整理や個人再生などの債務整理を行うのであれば、原則として安定収入があることが前提となりますが、生活保護費を受給している場合はここでいう「収入」には含まれません。

 

生活保護で支給されるお金は借金返済に充当すべきではないという考え方があり、借金返済などに流用すれば、保護費支給の取りやめという例も過去にありました。

 

つまり生活保護を受けて暮らしている方は、債務整理するなら自己破産以外にはないというわけです。

 

意を決して債務整理を始めたものの、手続きが思うように進まず弁護士や司法書士への委任関係の解消を希望する際は、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。

 

それを省いてほかの弁護士等と委任契約してしまうと、債権者に二か所から受任通知が届くことになり、トラブルを招きかねません。

 

ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、次の弁護士と契約するようにしてください。

 

債務の返済に行き詰まり、任意整理か個人再生しかないという状態のときに、家賃が必要な借家(アパート、マンション含む)に住み続け、実家等に戻らないつもりなら、家賃やそれに付随する更新料なども考えておく必要があります。

 

家賃は生活基盤の一部ですし、減額された返済分と同様に継続的に払っていかなければいけない支出だからです。

 

大事なことですから、債務整理を依頼する時点で手続きしてくれる弁護士(司法書士)に伝えておくべきです。

 

自分で皮算用するのはおすすめしません。

 

法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、案件として債務整理を引き受けることはできません。

 

また、司法書士が扱う任意整理は債務一件あたりの総額が延滞料なども含め140万円以内でなければなりません。

 

司法書士と弁護士の差で特徴的なのは代理人です。

 

自己破産や個人再生では弁護士が債務者の代理人になれるのに対し、代理人として司法書士を任命することはいかなる事情であれできませんから、債務者自身が裁判所に行き、やりとりも自分でしなければいけません。

 

一概に債務整理といっても種類があるのですが、任意整理だけは裁判所の介入なしで可能です。

 

ただし、自己破産と個人再生といった債務整理は弁護士だけでできるものではなく、裁判所の判断に委ねることになります。

 

けれども債務整理を依頼した人間がそう頻繁に裁判所に行く必要はないでしょう。

 

依頼した先が弁護士事務所なら、自己破産にしろ個人再生にしろ弁護士が債務者の代理人になり、大半の出席、応答、手続き等を代行できるので、債務者本人の負担はかなり軽くなります。

 

信頼が第一の公務員の場合、債務整理をすれば仕事先に確実に連絡がいくと考えている人は意外と多いものです。

 

しかし知られるのは一部のケースだけです。

 

たしかに自己破産ではわかってしまいますが、その他の方法なら自分自身から打ち明けたりしなければ職場に知られることはまずないでしょう。

 

ただ、公務員の共済組合といった職場絡みの機関でも債務があったりすると、そこ経由で露見する可能性はかなりあるでしょう。

 

ローンの申し込みやクレジットカードの申込時の審査において判断材料となるのが個人信用情報で、そのデータにはかつて債務整理をしたという情報も記録されています。

 

このような記録があるうちは基本的に月賦払いや借入などはできません。

 

もし自己破産をしたのでしたら破産手続きによる免責許可が確定した時から、個人再生や任意整理の手続きをした時は残りの債務を返済し終えた時から数えて少なくとも5年間は残ります。

 

遺産相続の際などに何も考えずに相続(単純承認)してしまうと、マイナスのほうが多いとまさに「蓋を開けてビックリ」の状態で債務を抱えてしまいます。

 

ただ、そうなれば債務整理という手段があります。

 

本人が無収入の時は別として、普通は任意整理を行うのですが、法律事務所などを通じて債務の金額の減額を交渉します。

 

こういった厄介な状態にならないためにも、相続時は負の部分も考慮しなければいけません。

 

債務整理を行うときの対象として銀行が含まれていると、当該銀行に本人名義の口座がある場合、基本的に凍結されます。

 

つまり、預金があるのであれば借金の返済に充てられるからです。

 

とはいえ、もし自己破産を行ったのなら最大20万円までの預金については借金の返済に充てなくても良いと定められているため、20万円を超える預金のみ借金の返済に回されるわけです。

 

給料が差押えされている時に差押えをしている債権者を含む債務整理をすると、今まで続いていた差し押さえは解除になるのが普通です。

 

しかし裁判所を通さない任意整理を行った場合は手続き開始時点では差押えは解除しなくても良いため、給料は差し押さえられたままになります。

 

早いうちに和解が成立するよう司法書士や弁護士に働きかけてもらって、差し押さえ解除に持ち込まないと日々の生活にも困るようになります。