アヴァンス 大津

大津でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

大津でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、大津には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
大津にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は大津を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

債務整理の中でも自己破産の場合は、裁判所に申し立てを行った日から免責が確定する間は一定の職種について就業できないことがあります。

 

保険や証券の外交員、士業の一部、古物商、宅地建物取引業者など意外に広範囲です。

 

それらの業種や資格保有者については、自己破産の申し立てを行った時点で、免責が確定して復権するまでのあいだは、就労できないのです。

 

時間的には数ヶ月といったところでしょう。

 

ただし、自己破産以外の債務整理の場合は、就労に関しては特に制限はありません。

 

もし任意整理や個人再生などの債務整理を行うのであれば、収入が安定していることが第一条件ではありますが、もし生活保護を受けている場合はこれらの手続きはできませんから気をつけてください。

 

最低限の生活が送れるよう支給するのが生活保護費ですから、債務の返済などに利用してしまえば、保護費支給の取りやめというケースも過去にはあるのです。

 

そういうわけで、生活保護費の支給を受けている方は、債務整理するなら自己破産以外にはないというわけです。

 

着手金を支払って債務整理の依頼をしたのは良いものの、手続きが思うように進まず弁護士や司法書士への依頼そのものをなくしたい時は、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。

 

手続きを忘れて債務整理を別のところへ頼んでしまうと、債権者のところへは新旧両方の受任通知が届くわけですから、トラブルを招きかねません。

 

ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、次の弁護士と契約するようにしてください。

 

弁護士なら債務整理は可能ですが、中には引き受けることができないといって帰されることがあります。

 

例えばそこの事務所で債務整理の取扱いをしていない時や、あるいは自己破産ならそこに至った原因が免責不許可事由に当たるような場合が拒否の対象となりやすいです。

 

経験や専門を理由に断られた際は、近頃よく見かける債務整理専門の法律事務所などをあたってみると良いでしょう。

 

最近ではインターネットで時間を気にせず検索できます。

 

債務整理の中でも任意整理や個人再生は「借金の減額」が目的であり、自己破産のような完全な免責とは違い、返済すべき債務が残っています。

 

しかしここで返済を怠ると、和解や再生計画でホッとしたのもつかの間、当然ながら遅延利息を含めた一切の債務を一括返済するよう要求されるでしょう。

 

実際は一回程度の遅れでは大丈夫かもしれませんが、和解や再生計画の内容は守らないと、悔やんでも悔やみきれない事態になってしまいます。

 

債務整理全般に共通することですが、受任通知を送付したあとの債権者による取立てや連絡行為全般は、法律の規定により行ってはいけないことになっています。

 

とはいえ、任意整理の場合はこうした期間中に債権者が裁判所に訴えることも多いです。

 

債務整理の中でも唯一裁判所を通さないのが任意整理ですが、金融機関は返済を要求する権利があるので、債務整理の手続き中であろうと、提訴を止める理由にはなりません。

 

弁護士が任意整理の受任通知を送ると、消費者金融によってはすぐ裁判所に訴え出るような会社もないわけではありません。

 

住宅ローンの支払いやカーローンなどが完済できないまま借り手が自己破産という事態になれば、その時点で返済しているローン契約は解除となり、少しでも借金を返すために家はもちろん車も手放さなければなりません。

 

自己破産以外の債務整理ではそのような債務の契約は継続されるので、返済は従来通り続ける必要があります。

 

ローンの返済さえできていれば返済のために売却することはないですし、不安であれば相談することをおすすめします。

 

たしかに初めてなら無料で相談に乗ってもらえますが、債務整理の手続きを弁護士等にしてもらおうと思ったら、まずは着手金を用意しなければいけません。

 

着手金というのは一律いくらと決まったわけではないので、弁護士次第というところでしょう。

 

それから、裁判所を通じて行う個人再生と自己破産では、最初から成功報酬が決まっている場合が多くて判りやすいのですが、任意整理の成功報酬は、結果次第で差があります。

 

所定の研修を済ませた認定司法書士でなければ、いかなる債務整理も取り扱うことは許されていません。

 

なおかつ、司法書士に任意整理を任せる場合は、ひとつの債権あたりの額が利息や遅延賠償なども込みで140万円を超えないことという規制もあります。

 

それ以外にも、自己破産や個人再生では弁護士が債務者の代理人になれるのに対し、認定司法書士でも代理人にはなることは不可能ですので、裁判所に行くのは債務者本人ということになります。

 

返済に困って弁護士等に債務整理を依頼する場合でもお金は必要です。

 

依頼を引き受けるにあたって着手金が発生し、成功報酬(作業の成果について支払うべき料金)、あとは実費として交通費や印紙代等があります。

 

また、任意整理を選択した際は成功報酬は減額に準拠し、個人再生を行う際には成功報酬は先に定められています。

 

一方、自己破産の際は、免責許可を裁判所からもらえたらあらかじめ定めておいた成功報酬を支払います。