アヴァンス 静岡

静岡でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

静岡でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、静岡には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
静岡にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は静岡を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

無償で債務整理の相談に乗ってくれる機会というのは、少し探せば沢山あることがわかるでしょう。

 

都道府県、市区町村の単位で用意しているところもあれば、消費者ホットライン、消費生活センターのほか、日弁連、各弁護士会、法テラス、司法書士連合などでも窓口があることが知られています。

 

普通の弁護士・司法書士事務所などでも同様の無料相談サービスを提供している場合が珍しくないですし、相談から始めてみるのもいいでしょう。

 

司法書士であれば誰でも同じと思ってはいないでしょうか。

 

認定司法書士でなければ個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理を行うことはできません。

 

なおかつ、司法書士に任意整理を任せる場合は、借入先1件ごとの債務額が最大140万円まで(利息込)と制限されています。

 

司法書士と弁護士の差で特徴的なのは代理人です。

 

自己破産や個人再生では弁護士が債務者の代理人になれるのに対し、認定を受けた司法書士でも代理人に指定することは原則としてできませんので、債務者自身が裁判所に行き、やりとりも自分でしなければいけません。

 

現職の公務員が債務整理の手続きをすると、いずれ職場に分かってしまうだろうと考えている人は意外と多いものです。

 

しかし実際にはそのようなことはありえません。

 

個人再生と任意整理の2つの方法でしたら、当事者が黙っているうちは勤務先に連絡がいくことはないので、わかりません。

 

しかし公務員だと、共済会などからローンを借りていて債務が残っている場合には、そのルートから発覚するおそれがあります。

 

いかなる債務整理であっても、弁護士等に委任すれば諸手続きが開始されます。

 

手続き中に仮に債務者側の事情でやめたいと言っても、債権者に介入通知が到着してからでは、中止するのは容易なことではありません。

 

なかでも難しいのは自己破産で、手続きに入ると取り下げることはできませんので注意してください。

 

ですから、債務整理をするというのは、よく検討してから実行に移しましょう。

 

ローンの返済が苦しくて債務整理をしたのに、支払い総額が却って増えたというウワサも、もしかすると真実が含まれているかもしれません。

 

性の悪い弁護士事務所や司法書士等にカモにされてしまった例です。

 

一例を挙げると、任意整理で債務が200万から170万円になり、差し引き30万の減額に対し、数十万もの代金を請求され、初めて気づいたという人もいます。

 

泣き寝入りしないためにも、あらかじめ料金面はしっかり確かめるべきです。

 

見積書を渋るところは要注意です。

 

債務整理というものはどんな手段にしろ相応の時間がかかるものだと理解しておいてください。

 

たとえば任意整理でしたら、司法書士や弁護士などに相談して最終的な結果(和解、免責決定など)に至るプロセスとしては、だいたい3か月くらいはかかるもので、状況によっては半年近くかかるケースもないわけではありません。

 

また、この期間中は債権者は督促や連絡はしてこないのですが、中には禁止されている取立ての代わりに返済を求めて訴訟を起こす業者もいるようです。

 

よく「破産」などと言いますが、債務整理の手続きは3通りあり、デメリットの少ない順に任意整理、個人再生、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。

 

最初に挙げた任意整理や個人再生といった債務整理は、本人に収入がなければ選択することはできません。

 

裁判所を通す個人再生も、裁判所を通さない任意整理も「債務の減額」が趣旨であり、債務そのものは残るわけです。

 

払い続けていくためにも安定した収入があることが不可欠なのです。

 

自己破産や個人再生といった債務整理では、債権者全員を対象として行いますが、それらとは異なり、債権者ごとに個別に交渉を行うのが任意整理の特徴です。

 

債権者一箇所ごとに費用がかかるので、全部の債権者を対象とするのではなく、普通は減額効果の高い債権者を選んで行われるものです。

 

借金があまりないことがわかっている借入先まで交渉に含めると、委任した弁護士事務所等へ払うべき報酬のほうが高くつく場合もあります。

 

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、それ以外の個人再生、任意整理などの手続きを行った後も、生命保険に加入することについては自由に行えます。

 

生命保険会社というのは加入の際に個人の信用情報を利用することはありませんから、自分から言わない限り債務整理がわかることはなく、事前にそれを確認する必要もありません。

 

毎月の保険料の支払いが可能であれば、生命保険自体は、債務整理の有無に左右されません。

 

混同している人も多いので説明しますと、弁護士以外に、債務整理というのは認定を受けた司法書士に依頼することもできます。

 

ただ、1債務あたりの金額が140万円以内の場合と規定されているため、手続き開始時に債務の額が遅延賠償を含め140万超となってしまった場合、認定司法書士では交渉継続は不可能です。

 

時間や費用のムダを出さないためにも、債務整理で司法書士を頼る際はその時点で債務額をしっかり計算しておくべきです。