アヴァンス 高松

高松でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

高松でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、高松には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
高松にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は高松を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

延滞を繰り返すと債権者から督促を受けるようになりますが、そこで任意整理や個人再生といった手続きを開始すると司法書士や弁護士によって債権者あてに債務整理の介入通知書が送られた時点で、その債権者からの連絡行為、督促行為一切は完全にストップします。

 

ですから手続き中に連絡があれば内容を問わず、ただちに担当弁護士(司法書士)に連絡して対処してもらいましょう。

 

連絡は法律で禁止されています。

 

債務整理を始めたら相手をする必要はないのですし、この場合は断るのが正当な行為です。

 

個人再生や任意整理の手続きを開始してから、成功報酬の支払い用に司法書士や弁護士に勧められて始めた積立金は、最終的に精算してプラスがあれば、自分のところに帰ってきます。

 

お金がないのに積立をするのは大変だと思うでしょうが、成功報酬の分割払いを前倒しするだけですし、本来は毎月の返済に充てるはずの費用をつい使ってしまったなんてことにもなりません。

 

なるべくなら積み立てに回した方が良いでしょう。

 

債務整理の種類によらず、弁護士等に手続きを委任すると、早々に受任通知(介入通知)の送付が行われ、処理が始まります。

 

作業はどんどん進み、債務者本人がもし中止したいと希望しても、債権者に介入通知が到着してからでは、取り消すというのはとてもむずかしいです。

 

中でも自己破産の手続きというのは裁判所を介して行うので、取り下げることはできませんので注意してください。

 

このようなことにならないために、債務整理をする前は考えに考えた上で開始するべきです。

 

また、始める前なら弁護士等に相談することもできます。

 

自己破産、個人再生、任意整理といった債務整理は、自分で手続きしようと思えばできるのでしょうが、おすすめはしません。

 

仮に任意整理を自分でしようと思っても、債務者本人が言う話というのは弁護士のような客観性に欠けますし、大幅な減額を見込んだ個人再生を行う時も、必要書類を自分で書き起こすわけですが、未経験者にできるものではありません。

 

自己破産の場合は個人の申し立てを事実上受け付けない裁判所もあります。

 

債務整理で時間がかかりすぎると提訴されることもありますし、ここはやはり法務事務所や法律事務所に依頼するのが一番です。

 

自己破産や個人再生といった裁判所の判断が必要な手続きを行う際は、代理人として司法書士を立てることはできません。

 

したがって司法書士は裁判所への申請書類の作成といった仕事が主体となります。

 

債務者本人が裁判所に申し立てに行かなければなりませんし、裁判所で質問されたことには自分で答える必要があります。

 

また、自己破産を考えているのであれば、代理人として弁護士を立てないと、時間もかかりますし、煩雑な手続きに嫌気がさすかもしれません。

 

債務整理には種類がありますが、いずれにせよ手続きに着手した時点から債権者による取り立てや連絡等の行為はピタッと止みます。

 

ただ、自己破産と個人再生を行う際は全ての債権者を対象とするのに対し、こと任意整理となると話は別で、選択した借入先に対して手続きを行います。

 

全部を対象とすれば別ですが、そうでなければ督促や連絡等は今までどおり行われます。

 

せっかく債務整理を依頼しても、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、委任自体をやめたい場合は、相手の方から降りない限りは、こちらから解任する必要があります。

 

簡単な手続きですが、うっかり見落としてよその弁護士事務所などに別途依頼すると、債権者に二か所から受任通知が届くことになり、要らぬトラブルを招き、悩みの種が増えるだけです。

 

弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それからほかのところに依頼してください。

 

債務整理の中でも自己破産の場合は、申立日から免責の決定日までには資格を停止されたり、一部の職種に就くことが制限されます。

 

保険募集員、不動産屋(宅建取引主任者)、質屋、警備員など職業は多岐にわたります。

 

こういった資格保持者、就労者は、免責と自己破産の申し立てをしてから免責決定までの期間中はその業務をすることは禁止されています。

 

債務整理でも個人再生や任意整理の場合は、職業や資格の規制はありません。

 

債務整理に必要なお金というのは何があるのかというと、最初に必要になるのが着手金で、成功報酬(作業の成果について支払うべき料金)、それから、書類に貼付する印紙代や交通費などは実費で請求されます。

 

また、任意整理を選択した際は減額できた額に応じた成功報酬が必要で、個人再生を行う際には成功報酬は先に定められています。

 

一方、自己破産の際は、免責の決定が下されると取り決め通りの成功報酬を支払いますが、支払い方法は相談に乗ってもらえるようです。

 

個人が債務整理を行う場合、最初に司法書士や弁護士などに仕事を受けてもらうための着手金を支払わなければなりません。

 

結果に応じて報酬金の支払いも発生しますし、その他の費用では例えば、所轄の裁判所ならびに債権者のもとに行くための交通費や、手続きに必要な書類を裁判所に提出するときの印紙税(印紙代)も考慮しておくべきです。

 

しかし交通費や印紙代などは実費が基本ですから、手数料的な加算はないはずです。

 

不安であれば確認しておくと良いでしょう。