アヴァンス 宇都宮

宇都宮でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

宇都宮でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、宇都宮には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
宇都宮にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は宇都宮を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

自己破産は、その他の債務整理の方法と異なり全ての借金がチャラになるという強力な効果を持つ方法です。

 

とは言え、申立をすれば皆が皆できるものではなく、裁判所から免責許可をもらわなければなりません。

 

申立を行ってから免責可否が告げられるまでの免責期間は、当人が財産を持っているか否かで違います。

 

無いのであれば大体3ヶ月で判断されるのですが、有る時はその財産が債権者に分配されるので、管財事件となり、1年かかることもありえます。

 

借金に関して手続きの相談をしたいと思ったら、行先は弁護士や司法書士に引き受けてもらえる法律事務所になるでしょう。

 

債務整理の依頼は弁護士も司法書士も引き受けることができるものの、司法書士が任意整理や過払い金請求を行う時は、140万円以内に合計額が収まっていないと請け負うことができないという縛りがあります。

 

合計140万円にはいかないということが確かな場合はどちらでも結構ですが、もしかしたら上回るかもという案件は手堅く弁護士に受けてもらいましょう。

 

財形貯蓄では、毎月支給される給料から天引きして貯金することです。

 

自己破産により債務整理を行った人は、その貯金額と手元に置いている現金の合計額が法に規定された上限額以上となったら、解約した上で超過分を処分する必要が生じます。

 

加えて、上限額に達していない時でも、残高証明の裁判所への提出が求められます。

 

これは取引先金融機関あるいは勤務先に申請すれば発行してもらうことができます。

 

債務整理を行う方法はいくつかありますが、例えば任意整理と民事再生というものがあります。

 

異なる点は、元金の減額があるかないかです。

 

任意整理においては債権者と債務者の間で交渉が行われ将来利息を免除して返済総額が決められ、月々の返済を行うもので、原則として借金の元金はそのままです。

 

一方の民事再生では返済計画案を裁判所に提示し、認可されれば減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。

 

過去には出資法に従い、利息制限法の定めを上回る利率での貸付が日常茶飯事でした。

 

利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。

 

現行は利息が利息制限法の上限よりも高い場合、不法ということになります。

 

よって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

 

これがすなわち過払い金請求です。

 

債務者が行う借金の整理の形式に応じ債務整理には4つの方法があります。

 

すなわち、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類のことです。

 

いずれも借金をどれくらい圧縮できるのかや裁判所の手が入るのかどうか等、違った手続きになります。

 

共通項と言えるのは、ある程度の期間、事故情報が信用情報機関に記載されるので、新たな借金はその消滅を待たないとそう簡単にはできないという事です。

 

月々の返済が大変な時に起こすアクションという点は通じますが、任意売却は不動産を購入したけれどローンがどうしても返済できなくなった場合にその不動産を売って売却金を返済に費やす事を言います。

 

他方、債務整理は返済が困難な借金を相応の方法で整理して、完済につなげる事です。

 

不動産ローンと借金の両方とも事情により支払えないケースもありえるため、そのような方は任意売却と債務整理いずれも行う事になるでしょう。

 

通称ブラックリスト入り(信用情報機関に事故情報が記載されること)と、自己破産や個人再生では個人情報が官報に掲載されてしまうことが債務整理をして抱えることになるリスクです。

 

けれども、事故情報は一定期間が経過するとなくなりますし、いつも官報をチェックしている人なんてごく一部です。

 

それから、誰かに保証人になってもらっている場合はその人にとって大きな迷惑となるかもしれません。

 

たった一度の債務整理のせいでもう借金ができないとは限りません。

 

事故情報がブラックリストから消去されたらもう一度融資してもらえることもあります。

 

とは言え、ちょうど任意整理を行っているところに借金を繰り返そうとする事は決してしないでください。

 

借りようとする事がもはや無謀な上、それを担当弁護士あるいは司法書士に知られた暁には、もしかすると担当を辞されるかもしれません。

 

全債務の返済の義務が免除されるというのが自己破産の特徴ですが、申請したとしても免責されないというケースも存在します。

 

それと言うのは、お金の使い方が良くなかった人の場合です。

 

例えば、ギャンブルや投資につぎ込んでいたり、べらぼうな金額の買い物を幾度となくしているようだとそうしたケースになります。

 

免責がこれにより許されない場合には、その他の債務整理を検討することになります。