アヴァンス 和歌山

和歌山でアヴァンスに過払いの無料相談をするならこちら

和歌山でアヴァンスに過払い金請求の無料相談ができます。

 

基本的には消費者金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金の返還額も多くなる傾向にありますが、取引形態により過払いが発生しない場合があるので、自己判断は避けて専門家に相談することをおすすめします。

 

そこで頼りになるのが、【過払いに強い司法書士事務所】です。

 

といっても、和歌山には多くの司法書士事務所があるので、どこが過払いに強い司法書士事務所か分からないと思います。
和歌山にある一般的な司法書士事務所は無料相談にに対応していないところもありますし。

 

そんな時におすすめなのが【アヴァンス法務事務所】です。

 

アヴァンス法務事務所は和歌山を含めて全国対応をしていますので、まずはこちらから無料相談をしてみて下さい。
最初に費用はかかりません。初期費用0円で対応してくれます。

 

時効になる前に取り戻せるはずのあなたのお金を取り戻しましょう。

 

 

アヴァンス過払い金請求


⇒女性専用窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

最近の弁護士事務所の中には、インターネットを介して債務整理の相談に応じるところもよく見られます。

 

付近にはよさそうな事務所が見当たらないと落胆しているよりも、何はともあれネットがあるのですから自分の事情を知らせてメール相談を持ちかけてみるというのはどうでしょうか。

 

任意整理ならば電話と郵送だけで手続きを終えることも不可能ではないので、頑張って道を切り開いていきましょう。

 

債務整理は全て自分自身での手続きができない事もないのですが、かなりややこしい手続きとなります。

 

かつ、任意整理に際しては債権者との間で直接交渉を行わなければならないので、こちらの知識が乏しいとわかれば交渉しづらくなることもあるでしょう。

 

コストはかかるものの、弁護士か司法書士に引き受けてもらう事が何よりもうまく手続きを進める方法でしょう。

 

法テラスで費用面の相談を行う事も可能です。

 

自己破産をするとあらゆる借金がなくなるとは言え、免責されないものも存在します。

 

債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務から逃れることはできません。

 

代表的なものとしては各種税金、養育費、罰金などがあります。

 

ただ、一緒に扱われがちですが、非免責事項となる養育費に対して、なぜか離婚の時の慰謝料は免責されるケースも見られます。

 

ひとくくりに債務整理と呼ばれても、自己破産、民事再生、任意整理は個々に独自のメリットを持っています。

 

自己破産については借金全てから自由になりまっさらな状態から再スタート出来ます。

 

民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については守ることができます。

 

それから任意整理では月々に返済する額を債権者と話し合って決めることが可能で、また取引時の利率や期間次第では過払いとなっていたお金が戻ってくるかもしれません。

 

どうにも生活に窮していて債務整理の相談がしたいのに、どうしても弁護士事務所に入るところを誰かに見られるのは避けたい。

 

もしくは事務所に出向くには忙しすぎるような人には、メールによる相談ができる事務所も珍しくはありません。

 

必然的に直接や電話よりも時間のかかるやり取りにはなりますが、いつでも人目を気にせず行えるため、一番気兼ねせず相談ができる方法でしょう。

 

出資法に基づき、昔は利率が利息制限法をオーバーするような貸付が当たり前に存在していました。

 

金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。

 

現代では金利が利息制限法の上限を超えていると不法ということになります。

 

ですから、借金がグレーゾーン金利で行われていた場合、債務整理を行えば過払いとなっていた利息を返してもらえる場合があります。

 

これがいわゆる過払い金請求です。

 

賃貸の物件を新しく契約しようかという場合に、債務整理をしていても審査内容には影響がありません。

 

なぜなら、金融会社が参照することのできる信用情報機関が持つ事故情報というのは、仮に不動産会社が参照したいと思ってもできるものではないからです。

 

そのため、引っ越しに債務整理の経験が何か作用することはありません。

 

とは言え、自己破産では、申立をしてから免責が下りるまでは引っ越しには裁判所の許可が必要ですので覚えておいてください。

 

習慣のように借金をしてしまうタイプで、繰り返し債務整理をすることはできるのかと不安に思っている人もいるでしょう。

 

普通は何度してもかまいません。

 

とは言え、債務整理の経験がある人がまた債務整理を行いたいと言うと、もしかすると債務整理の方法によっては承認がハードになるかもしれません。

 

債務整理があるからと簡単に考えるのはよくありません。

 

信用情報機関に登録されている顧客の事故情報、通称ブラックリストの中の債務整理の情報はいつになったら消えるのかというと、債務整理でとった方法によって差があります。

 

選んだ方法が任意整理、個人再生、特定調整の場合は概ね完済から約5年のようです。

 

でも、自己破産をした人は裁判所の免責を受けてからおおよそ7年程度と思われます。

 

ですが、目安に過ぎない数字ですから、信用情報機関に情報開示を申し込んで確認してみれば何より明らかです。

 

債務整理の方法に任意整理を選んだ場合は、延滞金や将来利息を免除の上で返済していく事ができます。

 

ところが、元金カットも要望する時は、そう簡単ではありません。

 

担当弁護士や司法書士の交渉力によってはもしかしたら減額されることもありえるかもしれませんが、仮に元金の減額をOKすると明らかに債権者にとっては損になりますから、なかなか聞き入れないでしょう。